「講師1人・生徒1人の完全個別指導」 楽しく学んで、成績アップ! 志望校合格を約束します! 愛知県教育委員会指定
技能連携校
 
トップページへ戻る 0120−194−109 お気軽にお問い合わせください!
他の塾・予備校との違い名東学院へのアクセス入会・授業料についてよくあるご質問個人情報保護方針
体験授業合格体験記最新合格実績学習環境のご案内各種検定試験について返金保証制度技能連携校について
今の成績に満足していますか?
合格への最短ルート教えます。



         どうしても入りたい大学がある

         志望校の偏差値に届いていない

         苦手科目がある

         受験勉強のやり方がよくわからない

         受験校の過去問でもっと点数がとれるようにしたい





  少しでもあてはまることはありますか?



  高校生のときと違い、定期試験もないですし、緊張感を1年間保ちながら勉強していくことは

  とても大変で、苦労されているのではないでしょうか?

  入試が近づくにつれて現役生も次第に学力をつけてきますし、心配ですよね。



  その気持ちよくわかります。



  ぜひ一度、私たち名東学院にご相談いただけませんか?

  限られた時間でも大きな成果を出すことを約束します。





    長時間の勉強=高い偏差値??



  ご存知のように、志望校によって合格者の偏差値には大きな違いがあります。

  この偏差値を基準にして、各大学の難易度をある程度判断することができます。

  志望校の偏差値と自分の偏差値に開きがある場合には、

  できるだけ早い時期に志望校の偏差値を超えたいですよね。



  では、どのようにすれば偏差値は上がるのでしょうか?




  長時間、一生懸命に勉強すればあがる




  そのようにお考えのかたも多いと思います。

  それは間違いではありません。

  ただし、要点をしっかりと押さえたうえでという条件付きですが。



  重要でないところ、または自分が重要だと思い込んでいるところに多くの時間を費やしている。



  「一生懸命勉強したのに思うような偏差値にならない」原因は、これです。


  勉強時間のわりに成績がよくなかった。

  今までに、そのような経験はありませんか?


  やみくもに勉強をしているだけでは偏差値は上がりません。

  重要度の高い問題から、効率的に勉強をすること。



  これが偏差値をあげるための重要な要素の1つであることは言うまでもありません。




    合格に必要なのは偏差値だけではない



  せっかくここまで頑張ったのだから、悔いのないように大学受験を終えたい。

  その気持ちは当然だと思います。


  希望の大学に合格するためには、その大学の受験科目・配点・傾向や難易度などをしっかり把握し、

  作戦をたてて、実行していくことが一番効果的だと言えます。

  ただ、範囲はとても広く、あってないようなものです。

  だからこそある程度の絞りこみが必要なのです。


  さらに、希望する大学に進学するためには、今から知っておくべきことがいくつかあります。



    大学受験の前に知っておくべきこと



  既卒生のみなさんはご存知だと思いますが、受験生にとって非常に重要なことがあります。


  それは、国公立大学・私立大学で推薦による合格者が激増していることです。


  現在、国公立大学でも定員の1割以上が推薦による入学者となっています。

  私立大学にいたっては定員の半分以上というところも少なくありません。

  今後この傾向はますます強くなると思われます。



  推薦入試のポイント


  高校1年生からコツコツ頑張ってきた生徒さんは推薦というのも1つの選択肢だと思います。

  ただ、推薦入試と言ってもその種類はたくさんあります。


      指定校推薦・内部推薦

    
 公募制推薦

    
 AO・自己推薦


  大きく分けると3つに分類できます。

  この中で3番目以外は高校1年生から3年生1学期までの内申をある一定以上とっていることが

  受験資格となります。

  学校のテストで常によい成績をとってきたかたには推薦という選択肢もあります。


  では、高校2年生の後半から高校3年生で勉強をはじめたというかたは、

  内申点の関係もありますので、一般入試でというのが一般的ではないでしょうか。



  一般入試のポイント


  一般入試というと、ご存知のかたも多いと思いますが、大学受験は全入時代に突入しました。


  ただし、これは受験すれば誰でも大学に入れるというわけではありません。



  大学受験者の総数=全国の大学の総定員



  となっただけであって、あくまで数字上の話です。


  当然ですが、人気のある大学は今後も難関校であり続けるでしょう。

  その反面、人気のない大学は受験すれば100パーセント入れます。

  入学試験を行う意味すらわからなくなってしまいます。

  このような大学ですと、何年か後に母校がなくなるなんてことにもなるかもしれませんね。


  そのため、大学側は少しでも多くの生徒さんに受験してもらえるように日々試行錯誤しています。




    だからこそ志望校別の対策が必要



  入試のパターンは「国公立か私立」「理系か文系」というわけ方が一般的です。

  何年か前までは国公立と私立の大きな違いはセンター試験があるか、ないかでした。

  しかし、最近では私立でもセンター試験を採用している大学が激増していて、受験科目・教科・

  配点などかなり多様化しています。

  希望の大学に合格するためには、その大学の受験科目・配点・出題傾向・問題ごとの難易度など

  しっかりと把握したうえで対策を考えて、実践していくことが一番効果的です。




    予備校は万能?



  大学受験といえば予備校です。

  そのようにイメージされるかたも多いと思います。

  なぜなら、予備校とは大学受験対策のために存在しているからです。

  当然ですが、受験対策については有効だと思われています。


  しかし、気をつけなくてはいけないのは、大学受験のパターンが大学、さらには学部によっても

  多様化していることです。


  同じ大学でも学部によって入試傾向が大きく異なることも少なくありません。

  先ほどもお伝えしましたが、一番効率的に志望校に受かるためには、希望の大学・学部の傾向に

  あわせて対策することが不可欠です。


  予備校は集団授業形式で、生徒はみんな同じ授業を受けています。

  生徒一人ひとり、それぞれ希望する大学が違うのは言うまでもありません。

  もちろん、異なる入試傾向にあわせて志望校対策を一人ひとりにすることはできないでしょう。

  ただ、他の学校の生徒さんと刺激し合いながら勉強するにはよい場所なのかもしれません。


  
そのため、ほとんどの既卒生のかたは 予備校に通っているだけでは志望校には受かりません。

  予備校の授業以外の時間に一人ひとりの状況にあわせてどれだけ対策できるかが、

  合格のカギになります。


  「国公立合格に問題のない程度の学力を持っている」

  「受験勉強のやり方もしっかりと理解している」


  このような条件を満たした、ごく一部の既卒生のかたには予備校は向いていると言えます。




    集団ではなく、少人数なら大丈夫?



  そうすると、次に少人数制の塾はどうかとなると思います。

  少人数と言っても1クラスの人数は様々で、10名程度のところもあれば3名程度の

  ところもあります。

ただ、1クラスが何名であっても一人ひとりに合わせた対策はできないので同じです。


  少し考えてみれば分かりますが、大学受験の場合は、志望校、受験科目、傾向などは全く異なります。


  これでは、いくら少人数の塾を選んだところで、一見すると面倒見はよさそうに見えますが、

  生徒一人ひとりに合わせた指導は期待できません。


    受験生にとって最高の指導方法とは?



  そうすると、残された指導方法は 完全に「1対1」 ということになります。

推薦入試・一般入試ともに、大きく変化している大学受験に最も適しているのは

完全個別指導の学習塾なのです。


  受験の場合は、一人ひとりに合わせた志望校対策が必要です。

  さらに、指導する講師が志望校の傾向を理解したうえで指導することが理想と言えます。

  名東学院は一人ひとりにあわせた受験対策に十分に対応することができます。



    まずは資料請求から


  学習塾や予備校をお探しの方は、まず今すぐ下記のお問い合わせフォームまたは

  フリーダイヤルより資料をご請求ください。

  資料をご覧いただき、その上で名東学院での学習指導をはじめられるかどうか

  じっくりとご検討ください。



  大学受験は、やり方次第で大きく結果を変えられます。

  私たちと一緒に頑張って最高の結果をつかみませんか?







              名東学院 スタッフ一同




  




                  名東学院は先生1人・生徒1人の完全個別指導のため授業数に限りがあります。


                  満席の場合には受講をお待ちいただくか、お断りさせていただくこともありますので

                  ご了承ください。





お気軽にお問い合わせください!